ordinary world

Home > 2007年03月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.30 Fri こんなアタタカな日は

何でだろ
公園に行きたくなるよねw

ところでこの時期になると小学生の頃「お見知り遠足」とか「お別れ遠足」とかって行事があったのを時折思い出します。
そんなウチの小学校のいくつか決まった遠足場所の1つ『八景水谷(はけのみや)公園』へ「桜はどれくらい咲いてるかな?」と勝手に下見に来てみました。

サクラ

おぉ~咲いてる咲いてる!

まだ五分咲きくらいでしょうがそれでもこの咲きはじめの花たちは、いつか訪れる儚き瞬間を見据えながら、しかししっかりと風を見つめているようでもありました。


八景水谷公園は街の中心部からさほど遠くない所に位置する湧水公園で、この街に生まれ育った人なら子供の頃に必ず遊びに来たことがあるというくらい市民に親しまれてる公園です。
ボクもよく子供の頃に友達と自転車で訪れ、小魚やザリガニや水棲昆虫を捕まえたりして日暮れまで遊んだものです。


桜の並木に縁取られた芝生の広場から水辺へと向かってみると向こう岸にも緑の木々に囲まれた桜が。

水辺の桜

桜ってこんなふうに1つでも、そしてたくさんの並木でもどちらでも絵になりますよね。
それにしてもデジカメを持ってないのがとっても残念なひとときでした;

スポンサーサイト

2007.03.25 Sun 雨上がりの朝

急遽ドライブへ行くことに決定!

ホンの少しだけ霧がかったやまなみハイウェイをグングン進んでたどり着いたのは1年ぶりの湯布院。

駐車場に車を停めて街なかへ向って歩いていると手をひかれたおサルが歩いてました^^
osaru


お腹空いたね~
とりあえず何か食べよっかー

だねー
とっくにお昼を回った時間になってたね



僕らは以前にも足を休めた街なかの『あいぼう屋カリー』へと向った。

香辛料の旨味を上手に引き出したカレーが相変らず美味しい!
食べ終わる頃になって「しまったー!写真撮っときゃよかったな;」と思い出した;
仕方ないので食後のコーヒーをパシャリ。
after

実はこのお店、デザートのケーキも超オススメ。

元気も復活していろんなお店を覗きながら歩いた。
だが春を迎え始めた最初の週末の湯布院はかなりの賑わい。
人気のお店は並ばないと入れないようだ。


天井桟敷は諦めよっか?

そだね


tenjyousajiki

お店の中庭へ出るとさっきまで晴れと曇りを繰り返してた空もキレイな青空。

観光客は全く来ない小川沿いの畦道を遠回りしながら僕らは駐車場へと歩いた。


なんかさ 『風のハルカ』に出てきたような景色だねw


sora


またね 湯布院♪


春になったとはいえ夜が近づくとまだまだ久住の山間は寒い。
hikokigumo

フロントガラスの向こうにさっきは真直ぐだったひこうき雲が風波にゆっくり流されてゆく。

そして県境を越える頃 空から雲がなくなった。
yugure


2007.03.24 Sat FIDDES PAYNE

我が家にはボクしか使わない調味料や食材、ドレッシング等があるのです。
幸いなことに自分用の小さな冷蔵庫や食器棚を2Fの部屋に持ってるので、それらの物は台所ではなくボクの部屋にあるというワケで、食事の時にそれらが持ち出されることとなる。

中でも最近気に入ってるのは英国FIDDES PAYNE社製のミックスペッパー「rainbow peppercorns」です。

rainbow peppercorns

これを野菜スープやハンバーグにふりかけると美味しいこと!
ブラックペッパーだけでも充分に美味しいのですが、ミックスペッパーだとその香りも存分に味わうことが出来、実際は超安上がりメニューでもなんとなくリッチな雰囲気が楽しめますw

皆さんにはそんなお気に入りの調味料とか食材とかありますか?
オススメあったら教えて下さいね~^^

2007.03.21 Wed 夕暮れの帰り路

がっかり~


福岡のショッピングモールで先週末に見掛けたPORTERのポーチがどうしても気になって、僕らはこの街の取り扱い店舗をいくつか廻ってみた
ネットで取り寄せれば買えるもんだと高をくくっていたからだ


こんな地方のそのまた地方の街なんかじゃ入荷すら無かったかもね

そうだよね‥

もうあのポーチは諦めることにして次の週末は新しい自転車でも買いに行くとすっか

あのね、それ全然違うじゃ~ん
‥でも‥それもいいね



夕暮れの帰り路


助手席の君の向こうに染まりゆく夕空
逆光の君がまるでネガのよう

2007.03.11 Sun もう1つの故郷

風がとっても冷たかったけど、あまりに晴れていたからついドライブへ出ました。

母が生まれ育った街はボクにとって所謂「2番目の故郷」みたいなもので、幼稚園へ通うまでの幼き日々と、小中学生の頃の夏休みを過ごした遠い記憶がこぼれ落ちそうなくらいたくさん詰まった街なのです。

といっても地方の県のそのまた1地方の小さな街ともなると、ここにも中心部の空洞化が強烈に押し寄せていて、昔はズラリとお店が並びあんなに賑わっていた通りでさえも殆どの商店が扉を閉じたりシャッターを下ろしたままになっている。

温泉で有名な街の中心部は日曜の午後だというのに人の通りも疎らで、大通り沿いの公園に設けられた足湯にさえ誰ひとり居ない様子。

「今日は寒いから誰も足湯に来ないのかなぁ?」
「でも寒い日だからこそ来そうな気がするよね‥」

なんだか淋しい気分になった僕らは、スグ近くにあるこの街で1番の名所でもある八千代座へと向ってみた。

八千代座

昼間っから頬を赤らめたオジサン10人くらいが見学に来ている。
サスガに今日の寒さじゃ浴衣姿ってワケにはいかないだろうが、温泉街にはつきものの光景だ。

「まだこんなふうにキレイに修復されるずっと前、よくこの八千代座へ同い年のいとこと遊びに来てたんだ」
「その頃は芝居とか演ってた?」
「全然。もう何にも使われてなくて建物自体が壊れそうだったよ」
「ヘェー」
「廻り舞台の下へ潜り込んだりしてひと仕切り遊んだら、道の斜め向い側にあった今はもう無い玩具屋でプラモ買ったりしたっけな」


夕方が近くなってますます風が凍てついてきた。

「そろそろ帰ろうか」

つい先日に夏日を記録した僕らの街に、明日の朝-2℃の予報が出された。

2007.03.02 Fri 春の日

暦の上では2月までが「冬」ということでやっと春になったワケですが、実感として今年の春はもう2月から始まってるようで、既に2月に車内で3日ほどクーラーを入れた我慢弱いオレです;

今日も超天気いい‥。

ある春の日

‥もちろんクーラー入れてます^^;

気温はもうあとちょっとで気象用語の「夏日」に届きそうな春の日です。


気象庁/予報用語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。