ordinary world

Home > 2008年07月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.07.27 Sun 或る夏の日

阿蘇はこんな夏空。

夏空
「今日は一段と暑くなりそな空だね」

「豊後大野はきっと熊本より涼しいよね?」

「だよね」

でも僕らが期待を込めた山間の町はそんなに甘くなかった。
阿蘇を越えてもあまりに暑く、道の駅でソフトクリームを食べることに。
駐車場で車を降りると眩暈がしそうなほどに熱された空気が。。

「‥ちょ、ちょっと暑過ぎなんじゃ?!」

「きっと今日の熊本は記録更新してるかもよ;」


そんなこんなだったけど、道に迷った僕らはいくつもの初めての道を楽しんだ。
以前探しに来た時には見つからなかった湧水公園にも偶然たどりついたし、印象的な大分焼酎のCMに登場していた文化史跡も見つけた。
こんなこともあるからたまの当ての無いドライブもやめられないんだよね。


夕方になり標識に従って熊本方面へ山の中の道を突き進んでいたら珍しい橋を見つけた。

阿蘇望橋
屋根付きの木造の橋だ。
『マジソン郡の橋』っぽいと言うにはちとビミョーなところか。。
しかも車を降りて近寄ってみると意外と新しい造りでした;
きっと観光客目当てに作られたのでしょうが、他に何も無いこんな所にいったい誰が来ると…。

上の写真を撮ったところでスグに雷が鳴り始めた。
山間の雷は急に近くで鳴り出すから怖いね;


家へ帰りつきTVを見ていたら、ニュースでいつものように「今日も各地で猛暑を記録しました」と。
何気に見ていたら「大分県豊後大野市で39℃」…!?
僕らの予想だった「熊本で記録更新」じゃなくて、涼を求めて自分らが来た町が記録を更新してました;

暑過ぎると思ったよ~w

スポンサーサイト

2008.07.26 Sat 夕刻の部屋

ブラインドの向こうが何やら色付いてきた。

夕刻の部屋

窓を開け放つと
夏の午後の噎せ返るような熱気が部屋の奥まで流れ込んで
きっと夕立をもうそこまで呼び寄せてる。

夕空2

今ごろ君は涼やかな窓越しに
重いオレンジ色に染まった街を見下ろしているのかな。
それとも疲れた足を庇いながらもいつもと何も変わらないバスからの景色に幸せを感じている頃かな。
だとしたら
降りはじめた夏の雨が君の街を足早に過ぎるまで
少しだけ渋滞が続きますように。





2008.07.17 Thu 黄赤に染まる空

夕方に入ってから強く降り出した雨は灰色の空を確実に濃くしていった。
土砂降りの中、重く暗くなった空が急に黄色に光りはじめた。

黄赤に染まった空

短い時間だったけど空は黄色から徐々にオレンジ色へと変わり、そして最後は渋い赤色から夜へと移り変わった。

そんな中「気持ち悪~い」と友達からメールが。
確かにそれは心地よい感情を抱かせる空だとはとうてい思えない、土砂降りの中での奇妙な光景だった。

2008.07.09 Wed 夕暮れの街

夕陽を追いかけて僕らはゆっくりと

他愛も無い話なのに何故だか弾んで

夕暮れの街

チキラー号もゆっくりと夕陽を追いかけて

そして僕らは街へ帰る





2008.07.06 Sun 阿蘇を越えて

「たしかラベンダーの時期ってちょうど今頃だよね?」という話を聞いて、とあるラベンダー園へやってきましたが、駐車場に並んでやっと園内へ入ってみるとまだラベンダーの花は殆ど蕾の状態。
ラベンダー

「入場料800円払ってコレかよ~;」と友達と話しながら園内を軽く1周して「もう早目にココを出て何処か他のトコ行こか」ってことになった。
僕等が車の場所まで戻ってると、今から駐車場へ車を入れようとしていた若い女の子グループが乗った車を誘導係の兄ちゃんが止めて「まだ花が全然咲いてないからヤメといた方がいいですよ」と少し小声で言ってた!
もちろん女の子らは「え!そーなんですか?!ありがとうございます!」とスグさまUターンして帰って行きました。
僕等は「オイオイ!?」と思いながら少し離れた所から見てたけど、その兄ちゃんは女の子グループじゃない車はドンドン駐車場へ誘導してたのです。
僕等はマジで「もう2度とココへは来まい」と誓い合った。。


それから僕等が向ったのは湯布院。
ラベンダー園からそんなに遠いワケでもないって理由で。
日曜日の湯布院はやっぱりスゴイ人気。
それに1年ぶりの湯布院には新しいお店がいくつも出来てて、相変らず活気のある観光地なんだなぁと実感した。

ホントはメインだったラベンダー園の寄り道があったんで、湯布院の街へ入ったのはもう普段ならランチタイムが終る頃の時間だった。
湯布院へ来たら必ず足を休めるカフェがある。

アイスコーヒー

こんな暑い日だからもちろんアイスコーヒーで。
窓越しに見える木々の葉の緑が小さなガラス瓶に映ると、その光の反射がこれまたキレイだよね。

ミルク&シロップ

天井桟敷』という名のそのお店がボクは昔っから大好きで、そのお店で珈琲をいただきながら何気ない話をして過ごす時間は何度味わっても至極なのです。


やまなみハイウェイを飛ばして熊本県に入る頃にはもう夕刻が空の色を少しずつ変えてく。

夕空

きっとあのラベンダー園がガッカリ状態だったのは、「湯布院の方がいいんじゃない?」っていう誰かの心の導きがあったに違いないな^^

[More...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。