ordinary world

Home > 2010年09月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.29 Wed さつまりこ

マジうまー!

さつまりこ
   《さつまりこ

焼きいも味ってアツアツじゃなくてもなんだかほっこりするね



     


スポンサーサイト

2010.09.19 Sun 唐戸市場

山口県下関市にある「唐戸市場」へやってきました。
まだお昼前だと言うのに凄い賑わいです!
搬入口側に用意されたテーブルもお客さんでいっぱい

唐戸市場 #01

でもまぁ空きテーブルが見つけられなくても、海と門司港レトロの遠景を眺めながら海鮮いただくのもなかなかのモンです

唐戸市場 #02

それにしてもいつになったら今年の秋は訪れるんだろね

2010.09.17 Fri 洋楽もいいけど

ここ最近、というかここ数年は日本のアーティストを多目に聴いてます。
といっても極一部のアーティストを集中的に聴いてるだけなのですが。

     sleepy.ab & Superfly

その数少ない日本のアーティストの中でも特にへビーローテーションなのがSuperflysleepy.abの2組。
まぁSuperflyの方は歌番組だったりドラマやCM、そしてサッカーワールドカップで皆さんお馴染みですよね。
シングル曲での志帆ちゃん(Superfly)はいつも声を張り上げて歌ってるイメージばかりですが、アルバムではじっくり聴かせたりもするホント素晴らしいシンガーなのです。
今月リリースされた作品『Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'』ではDISC-2のラストに収録された「The Water Is Wide」なんて彼女のシンガーとしての真髄を魅せつけられます。
この「The Water Is Wide」、ボクが10代の頃に聴いてたカーラ・ボノフというアーティストのアルバム『ささやく夜』に収録されていて、そのLPを買った頃は毎日のように聴いてたもんです。
数年前に小田さんのライブ開演前にカーラの「ささやく夜」が流れ、「おっ!小田さんもカーラ聴いてたのかな!!」と嬉しくなったことがありましたが、今回志帆ちゃんまで歌ってくれてまたまた嬉しくなり久しぶりにカーラ引っ張り出して聴きました。
ヒットした曲でなくても素晴らしい楽曲というものはこうして歌い継がれてゆくものなのですね。


sleepy.abは地元・北海道を中心に活動を続けるバンドでまだまだ一般的な認知度は低いバンドですが、彼らの紡ぎだす音は研ぎ澄まされたように完成度が高く、ひと度聴いただけでその唯一無二の世界へ引き込まれてしまうほどなのです。
先日リリースされた彼らのライブ盤『sleepy.ac LIVE@Sapporo Kitara』ではストリングスをバックにしたアコースティック・ライブが収録され、sleepy.abとはまた一味違う彼らの音世界をじっくり感じることが出来ます。
CDのジャケ帯に「安眠導入盤」と書いてあるのが言い得て妙です(笑)
(ちなみに普段は「sleepy.ab」ですがアコースティック時は「sleepy.ac」らしい)
いつか北海道へ行くことあったら絶対sleepy.ab聴きながらドライブしてみたいな。



  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。