ordinary world

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > drive > なんとなく

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.10 Sun なんとなく

あまり晴れていたから
こんなに遠くまで来てしまった

「今日もあそこでランチにしようか?」

この街を訪れた時
天気がいいと必ずのように寄ってみるお店がある

「ソレいただき!」

海浜館

海浜館』は松林の中にある

ガラス越しの空

「‥僕が子供の頃はこの辺りの浜辺にはいくつもの海の家があってね、泳いだ後に飲んだ生姜湯の美味しさといったら‥」

きっと以前にも聞かされたであろうそんな話を
時々ガラス越しの空を見上げながら
嫌な顔ひとつせずに聞いてくれてありがとう

そんなふうにテーブルについて料理を待つひと時も
僕等の会話は静かにはずんだ


2つくらいの僕の大きな話題と
7つくらいのお互いの何気ない話題が交わされて
食事を済ませた僕等はいつものようにお店の裏に広がる松林を歩いた

虹ノ松原 1


「‥『グラン・ブルー』って映画のモデルにもなったジャック・マイヨールは、子供の頃に唐津のこの海でイルカと遊んだことがキッカケで‥」

松のトンネルの向こうに小さく見える青が近づくにつれ
途切れない僕等の会話を続ける声は少しずつ大きくなり
それに比例して心が高ぶるようでもあった

きっと子供の頃から何度も訪れたこの松林には
そんな気持ちにさせてしまう何かがあるんだろうね

umi

松のトンネルを抜けた途端
海に面していない街で過ごす僕等には
海風がかなり強く感じた
でもこの街で暮してきた人達には当たり前の風なのかな..

「松原を造った昔の人って凄いよね」

浜の道

浜辺のずっと向こうに目をやると
風に飛ばされた水飛沫や砂粒が景色を霞ませている

それでも見上げれば松林の上には真っ青な高い空

虹ノ松原 4

そして足元にはクッキリと僕の影

kage


「松ぼっくりがあんまし落ちてなくて残念~」

「そっか」
「じゃあ あまり影が長くならないうちにココを後にしようか」

靴に付いた砂を軽く叩いて車に乗り込んだ僕等は
今度は東へと海沿いの道を走る

海沿いの道

「こっちってことは もしかしていつものコース?」

「ヤメとく?」

「なワケないでしょw」


君が新しい靴を手にし お店を後にする頃には
夜が街の全てを包んでいた

マリノア






Comments

name
comment
moco : URL

#- 2007.06.12 Tue 21:39

最後のマリノアはわかったんですが
その前はどこの写真ですか??
写真でみるとすごく行きたくなってしまいます(*- -)(*_ _)

yui : URL

#- 2007.06.12 Tue 22:29

mocoさん

福岡市内からだと202号線を走って唐津へ向いバイパスを使わずにずっと海沿いの道を走り続け、虹ノ松原に入ったらちょうど真ん中くらいにある『海浜館』というお店とその裏の海辺で撮った写真ですよ。
上の記事内の「海浜館」の茶色い文字をクリックすれば詳細が載ってますのでぜひ見てみてね!

yoco : URL

#7MtvKq52 Edit  2007.06.13 Wed 22:52

水辺はいいね^^
不思議でもあるけれど・・・
何故か海や川は見ていても、波の音を聞いても落ち着きます。
仕事明けの今、夜の海が見たくなっちゃったなぁ。。。

yui : URL

#- 2007.06.14 Thu 01:18

yocoさん

水辺の音ってのはせせらぎにしても波の音にしてもホントに心地よいものですよね^^
そういえば若い頃は自分が行ったいろんな海の波の音を録音して、夜それを聴きながら眠るようにしてました。

夜の海を見にいかれましたか?

ラム : URL

#- 2007.06.15 Fri 01:03

何だか小説の一コマを見たようで心地いい感じがしました。
それに画像も綺麗ですね~。

唐津の夜の海は、月の雫が滴り落ちるのが見えるかなぁ?
見たことないから・・・見たいなっ!

yui : URL

#- 2007.06.15 Fri 01:09

ラムさん

月の雫かぁ。。
考えてみたこともなかったけれど、もしかしたらあの浜辺なら見れるような気がします^^

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。