ordinary world

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > animals > ホワイトタイガー

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.19 Sun ホワイトタイガー

キミがまだミャアミャア鳴いてた頃に抱っこしたよね

ホワイトタイガー

当然もう全く憶えてないだろうけど
そんなことより今はこの柵の向こうで
キミは日々何を思って過ごしているんだろ

Comments

name
comment
りく : URL じゃあ、

#- 2009.04.20 Mon 13:33

抱きしめてあげよう、今からww

動物が考えていることが分かったら、人間は生きていけないかもしれないね…。

yui : URL りくちゃん

#- 2009.04.20 Mon 23:02

りくちゃんそれムリムリ~;
ここは大牟田市の動物園でね「今日も何か抱っこできるかな^^」と期待して行ったんだけど、子供の動物も目にしなかったし、何より以前よりも観客がかなり増えたみたいであんまりゆっくり見れない感じだったよ。
でも動物園側としては嬉しいことだよね^^

「動物が考えていることが分かったら…」
怖いなぁ。。

Meg : URL

#T0ca3UNU Edit  2009.04.22 Wed 23:21

こんばんは、yuiさん!

え?このトラちゃんが小さい頃に抱っこできたんですか?
赤ちゃんの頃はいかなる生き物も漏れなく可愛らしい(*^^*)たとえ、それがカマキリでも(笑)

ところで、yuiさんは猫派?犬派?
私はいずれも好きなのですが、最近ですね、もう少ししたら猫と話せるのではないかと感じています(笑)だって、にゃー~??って呼ぶとトコトコって近寄ってきて「にゃぁ~」って話しかけて来るんですもの!

さて、話題はとびますが、綾香ちゃんの単独ライブに小田さんがアンコール出演したとか。あぁ、こうゆう映像を見られるのも、来年のライフサイズ待ちだなんて。。。待ちきれずに明日にでも見てみたいです!★

yui : URL Megさん

#- 2009.04.23 Thu 00:26

抱っこできたんですよ!
たまたま飼育員さんが職員室へ運んでいたところに出くわして、その日が平日でお客も少なかったためか立ち止まって「爪はちょっと痛いかもしれませんが抱っこしてみてもいいですよ~」と言ってくれたのですよ。
その頃のこの動物園では飼育員さんが園内移動のために使ってるスクーターのハンドルには、いつもリスザルが乗っかってたのでそれもよく触らせてもらってました^^
確かにカマキリですら赤ちゃんの頃はカワイイですね^^;

> ところで、yuiさんは猫派?犬派?
どちらか選べと言われたら犬派なのですが、基本的に動物全般好きなので猫も犬と同じくらい大好きですよ。
> 私はいずれも好きなのですが、最近ですね、もう少ししたら猫と話せるのではないかと感じています(笑)だって、にゃー~??って呼ぶとトコトコって近寄ってきて「にゃぁ~」って話しかけて来るんですもの!
てことはMegさんはもうすぐノーベル平和賞を獲るってことかも知れませんね!?
猫語が解読出来たらせめて挨拶の交わし方だけでも、公表する前にボクにこっそり教えていただけないでしょうか^^

> 綾香ちゃんの単独ライブに小田さんがアンコール出演したとか。
マジっすか!!
爺孫ほどの歳の差の2人がどんな曲をどんなふうに共演したのか、それだけでも知りたかったなぁ。。
ところで小田さんといえば来月31日の大阪城ホールでライブが見れるらしいですがMegさんは行かれるのですか?

アキ : URL

#VZRdE7nc Edit  2009.05.11 Mon 12:06

4月19日って・・・
私たちも円山動物園に行った日で、
>今はこの柵の向こうで
>キミは日々何を思って過ごしているんだろ
って、動物たち見て私も思った日だ。
子供の頃のように、無邪気さだけで
動物園にはいられなくなったことに気づいた瞬間。

yui : URL アキさん

#- 2009.05.12 Tue 01:27

ずいぶん以前のことだけど動物園で飼育係のバイトをしたことがあります。
広場や部屋の掃除をしてあげて餌をあげると喜んでくれるんですよ。
でもそれはバイトをする前にも大まか想像出来ることでした。

数ヶ月のバイト期間の中の2ヶ月くらいだったでしょうか、動物園の関係者以外は入れない区域にある動物の病棟を担当した期間がありました。
それまでの単なる来園者としての動物園のイメージを越えた、決して客としては垣間見ることもないリアルな動物園の姿がそこにはあって、年老いたり怪我や病気になった動物たちと真摯に向き合うプロフェッショナルな獣医さんの姿を間近に体感することが出来ました。

「動物は自然の中で生きることが1番の幸せ」だとよく言います。
その言葉には表も裏も無く純粋に正論だと思います。
ただ「動物たちが動物園で一生を過ごすことは本当に不幸なことだ」とも思えなくなりました。
恋愛に於いて「思いっきり愛されて過ごすことも幸せの1つだ」と考えたら、動物園の飼育員と動物の関係はそれと同じようなものどころか、無償の愛と互いの信頼に溢れたものだったことをあの時体験したからなのでした。
もちろん大自然とは懸け離れた狭い獣舎で暮すストレスはとっても大きなものかもしれません。
しかしそこには他の動物に襲われるという命に関わる生きるか死ぬかのストレスは無いのですから。

彼等はどう思ってるのかなぁ。。
出来るものなら本当の気持ちを聞いてみたいですよね。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。