ordinary world

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > music > THE LILAC TIME

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.21 Sat THE LILAC TIME

「あの時に買っておけばよかった。。」と今でも残念な気持ちが昨日のように思い起こされる。
たった1度だけアナログLP盤を見たことがある『THE LILAC TIME』という名のアルバム。
初めてこのジャケットを雑誌で見た時からずっと気になってて、それから何年も経たある日ふと立ち寄ったレコード店にCDと共に飾ってあるのを見かけた。

   the lilac time

…ついCDを買ってしまったんだよね。。
でもアナログ盤のあのジャケットがどうしても欲しくなって、数日後に同じお店を訪れてみましたがもう売り切れたとのこと。
完全生産限定盤ということでもう入荷しないのだとも。


デュラン・デュランのオリジナル・メンバーだったという経歴を持つスティーヴン・ダフィー率いるライラック・タイムの1st『THE LILAC TIME』(1988年リリース)は、当時持て囃された所謂「デジタル音楽」とは対極に位置するフォーキー、ネオアコ的なシンプルな作品だ。
それがゆえに今でも全く色褪せないエヴァーグリーンな作品でもある。



     


Comments

name
comment
Meg : URL

#T0ca3UNU Edit  2009.11.21 Sat 20:36

yuiさん、こんばんは。

あら、これは・・・本当にとても素敵なジャケットですよね。

何気なく飾っておくため、だけにも手に入れたくなります。いや、持っているだけでも心豊かになれるような芸術品かもしれないですね。

ちなみに、yuiさんはオフコース時代のアルバムジャケットでお好きなのはありますか。あれが人気なんじゃないかなぁ・・・と言うのがありますけれど(笑)ちょっと聞いてみたくなりました^^

yui : URL Megさん

#- 2009.11.21 Sat 21:20

いい感じのジャケ写でしょ?
このアルバムを作る時に彼らはこの家でセッションやリハーサルを行ったとのことです。
ぜひLP盤のジャケットを飾りたかったですね。

オフコースのアルバムジャケット…実はあんまり好きなものが無いってのが本音でして^^;
強いてあげればですが『LIVE』とか『I LOVE YOU』みたいなシンプルなジャケかなー。
あと『SONG IS LOVE』とか。。
Megさんはどのアルバムジャケットがお好きなんですか?
ぜひきかせて下さい^^

Meg : URL

#T0ca3UNU Edit  2009.11.23 Mon 01:56

yuiさん

>オフコースのアルバムジャケット…実はあんまり好きなものが無いってのが本音でして^^;

実は私もなんです(笑)音楽はあんなに素晴らしいのに、これ!といった目をひく洒落たジャケットって無いんですよね。

唯一「JUNKTION」は当時なりの洒落た感があり人気があるんじゃないかなって思っていました。知人もあれを見て「あんな風に洒落た感じで小物を部屋に置いてみたいな」って言っていたので。

そして小田さんのソロ時代も、アルバムデザインは微妙な感じもしますが・・・近年はもうお茶目系に統一しちゃっているようですね(笑)


yui : URL Megさん

#- 2009.11.23 Mon 07:47

> 実は私もなんです(笑)音楽はあんなに素晴らしいのに、これ!といった目をひく洒落たジャケットって無いんですよね。

あらら、Megさんもでしたか^^;
ソロ作品も含めて、ホント音楽はあれだけ素晴らしいのだから、ジャケットさえ洒落てたらもう最強なんですけどね~。。

> 唯一「JUNKTION」は当時なりの洒落た感があり人気があるんじゃないかなって思っていました。知人もあれを見て「あんな風に洒落た感じで小物を部屋に置いてみたいな」って言っていたので。

「人気のジャケは『ジャンクション』のことかな?」…と思ってましたがやっぱりでしたか^^
確かにボクも学生の頃、似たような木箱を買って小物を入れてた記憶がありますが、同じような物を入れながらも何故か洒落た感じにはなってなかった気がします(笑)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。