ordinary world

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > music > あいかわらず走りすぎでしょ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.25 Sat あいかわらず走りすぎでしょ

小田さん11年ぶりの熊本ライブの初日を見てきました。

ツアートラック

アリーナ7列目ということで久しぶりにかなりステージに近い席で楽しめたのですが、ここ最近の小田さんのライブへ足を運んだことがある人ならおわかりでしょうが、会場の隅々まで走り回れるような観客席を1周できる花道が設置してあり、実は小田さんがステージ中央の定位置で歌ってる時間の方が短いのが普通なのです^^;

ライブはオフコース時代初期の曲から最新アルバム『どーも』収録曲まで幅広く、全ての世代が楽しめるセットリストが用意されていました。
小田さん、いい歳して走り回るもんだからたまに息切れしちゃうのは愛嬌ってもんですが、それにしてもあの透き通った衰えを忘れたかのような声は未だに微動だにしないほど健在で、重々わかってはいるもののやはり本物を目の前にすると数十年前に初めて小田さんを見た時と同じように身動き取れないくらい感動してしまいますね。


それはそうと、今回セットリストに組み込まれたいくつかのオフコース時代の曲は僕にとって単に懐かしいというだけでなく、当時フォークデュオをやってた僕らがカバーしていた曲が同じようなアレンジで演奏され、記憶と現実がオーバーラップして感動が倍増してしまいました。

「私の願い」、そしてメドレーの中で演奏された「めぐる季節~水曜日の午後~少年のように」…今回演奏されたこの4曲は相方のS君とよくハモったもんです。
あと「グッバイ」の出だしの時のように2人でギターを抱えて向かい合ってカウント取りながら演奏に入ったりする、キッチリ決まった時のあの気持ちよさは今でも忘れられません。
ちなみにそのS君とは進学した学校も住む場所も離れてしまい、それ以来会う機会にめぐりあえず今では全く連絡のつけようが無くなってしまいましたが、「元気にしてるのかなぁ…」とあの頃2人で歌った曲をこうしてたまに耳にするたび懐かしく思い出されます。


小田さんありがとう。
そんな気持ちを胸に家へ帰って久しぶりにアコギを取り出して弾いてみました。
でもあの頃は流れるように弾けてたアルペジオが全く上手く弾けませんでした(汗)

いつも雨ばっかりの熊本ですが、「仕方ねぇなぁ」って言いながらでもいつかまた来てやって下さい。
ずっと待ってますよ^^






※↓6月25日 グランメッセ熊本 セットリスト
01. 明日
02. ラブストーリーは突然に
03. 春風に乱れて
04. こころ
05. 誰も どんなことも
06. こたえ
07. たしかなこと
08. 若葉のひと
09. 私の願い
10. I LOVE YOU ~ 切ない愛のうたをきかせて ~
  ~ good times & bad times ~ めぐる季節 ~ 水曜日の午後 ~ 少年のように
11. 緑の街
12. 風の坂道

13. グッバイ
14. Little Tokyo
15. 愛を止めないで
16. The flag
17. やさしい雨
18. Yes-No
19. キラキラ
20. 伝えたいことがあるんだ
21. 緑の日々
22. 今日も どこかで
23. さよならは 言わない
24. 東京の空
25. hello hello

  - encore 1 -

26. またたく星に願いを
27. ダイジョウブ

  - encore 2 -

28. 言葉にできない
29. YES-YES-YES
30. いつもいつも

Comments

name
comment
Meg : URL

#T0ca3UNU Edit  2011.07.02 Sat 00:49

yuiさん、こんばんは!

小田さんの熊本ライブレポート、とても嬉しく読みました。
私は関西までやって来るのが待ちきれずに、とうとう先日は豊田まで出向いてきて以来、
もう小田さん大好き病にかかってしまって(苦笑)

昔はね、「小田さんがどうだったか」だけ知りたかった(笑)
けれど、最近はファンの人が重なり合わせている思い出や青春時代のお話にも
十分に共感して感動しちゃうんですよね・・・。

>そしてメドレーの中で演奏された「めぐる季節~水曜日の午後~少年のように」
>…今回演奏されたこの4曲は相方のS君とよくハモったもんです。

私もです!(笑)
「オフコース」を知って以来、昔の音源を(あれ、どうやって集めたんだろうって
今も思い出せませんが)むさぶるように聞きました・・・。
それで、ギター部時代の中学の頃、相当渋い私と先輩ふたりで、
よく渡り廊下に座ってハモりましたよ。
小田さんは中堅どころの担任教師より、さらにずっとオジサンでしたけどねっ、
私たちのアイドルだったのです。

yuiさんの歌パートは高いほうですか?私は楽譜が苦手な先輩に、低いパートを
口移しで教えてこみ(今でもめーちゃんの特訓は厳しかったと言われます・・・)
私は小田さんパートを歌っていました。

「少年のように」って、中学の頃に聞いたのに、そのボーイソプラノが可憐すぎて
抱きしめたくなりましたね。歌を録音した20代後半?頃の小田さんを!

私はクラシックギターから入ったので、ストロークって、いつまでたっても下手くそで、
むしろアルペジオばかり上手くなりました。
NEXTのテーマは相当練習したので、今でも手が覚えています。

セットリストを拝見すると、感動がよみがえってきます。
さらに、小田病が悪化しそう!

yui : URL Megさん

#- 2011.07.02 Sat 02:06

ダイジョウブですか!?
小田さん病が早くもピークに達してる感がビシビシ伝わってますよ^^
でもまぁあんなライブ見せられたらそれも仕方ないかと理解しましょう(笑)


> …ファンの人が重なり合わせている思い出や青春時代のお話にも
> 十分に共感して感動しちゃうんですよね・・・。
それよくわかる気しますよ!
全く違う人生を過ごしてきた中に同じ小田さんが居るってだけで、それぞれの思い出が共感し合えるってなんか不思議だけど素敵なことだと^^

> よく渡り廊下に座ってハモりましたよ。
Megさんたちだとこれまた絵になる情景だったんでしょうねぇ。
僕とS君は共通の友達が新聞部の部長やってたんで、何故か新聞部の部室に集まって毎日練習してたというか邪魔してましたよ(汗)
もう1人同級生でギターが上手いW君ってのも何故か新聞部室によく来るようになり、のちに彼はプロとしてバンドデビューしたのですが、やはりプロの世界はとても厳しかったようですね。
あと隣部室だった写真部の1つ先輩に洋楽好きのギターがメチャクチャ上手い人が居て、ギター教えてもらったり弾いてもらったりしてよく僕がクイーンを歌ったりしてました。

> yuiさんの歌パートは高いほうですか?
S君はギターは僕よりずいぶん上手かったのですが、ハモリがちょっと苦手だったので僕がハモリを付けることが多かったと思います。
ちなみにS君は初期フォーク時代の長渕剛や中島みゆきのファンだったのですが、ハモリ曲があまり無いのと僕があまり興味なかったのとで却下ばかりしてたので、いま思うとちょっと悪かったなと(汗)
ただ彼は卒業する少し前あたりからガンダムやアニメにのめり込んでそっち方面の仲間とつるむ時間が多くなり、僕とは全く違う方向性に行ってしまったのを上の記事を書いた後に思い出しました^^;

> NEXTのテーマは相当練習したので、今でも手が覚えています。
ぜひいつかブログに動画UPしてもらいたいもんです!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。