ordinary world

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > drive > 久しぶりというか、半年ぶりくらいの長崎

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.29 Sun 久しぶりというか、半年ぶりくらいの長崎

本当は2月5日に来る予定にしてたんですが、どーも今日の方が天気良さげだったので、昨夜急遽変更!ってことで長崎にやってきましたー。
変更の決断が功を奏して絶好の旅日和を迎えました^^

       路面電車

長崎の路面電車の中ではこのタイプが1番好きかな。
緑と薄黄色のヤツ。
地元の熊本では滅多に乗らない路面電車ですが、長崎ではやっぱ便利なので利用させていただきます。
でも揺れと運転はこの長崎の路面電車の方が熊本よりも激しい気がします(汗)

長崎平和公園

長崎平和公園・祈りのゾーンにある爆心地公園はたぶん初めて訪れたと思います。
浦上天主堂とともに、ここはバスの中から見ただけのような記憶が。。

公園内に残る被爆当時の地層等を見ながらゆっくり散策。
その後、平和公園隣にある『宝来軒別館』へ。
以前から「うまい!」と噂には聞いてましたが、なかなかここまで来ることがなかったために食べれてなかったお店なのです。

お昼前だったにも関わらずお店は既に満席状態!
僕らは運よくちょうど食べ終えたお客さんと入れ替わりで、待ち時間もなくテーブルに着けてラッキーでした。
チャンポンも捨て難いですが、やっぱり僕は大好物の皿うどんで。

炒麺

やっぱ本場は美味い!!
家じゃどんなに頑張ってもこんな味にならないもんね~。。
特にここ宝来軒さんの皿うどんはパリパリ麺がメチャうま。
噛めば噛むほど香ばしさが口の中にひろがって本当に美味しい^^
隣に1人で来られてる細身のおばあさんとひとこと言葉を交わしましたが、これがまた品の良い雰囲気と言葉遣いをされてて、「あぁ、長崎って感じだなぁ^^」とやわらかい気持ちになったもんです。

       大浦天主堂

ランタンが煌く夜を待ちながら僕らは長崎の街をゆっくり楽しみました。

孔子廟

空が暗くなりはじめると中華街の人波はどんどん増してきます。

       長崎新地中華街 #01

もう思う方向へ進むのも難しいほど(汗)

       新地中華街会場 #01

やっとのことで湊公園へたどり着くと天井一面を埋め尽くすランタンが。

そしてことしのメインとなる巨大な龍のオブジェが!

       新地中華街会場 #02

龍の周りは人がギッシリで前方に行くのは難しそうなので、斜め後ろから見上げて写真を撮ったのですが、意外にもその方が迫力ある画像になったようです^^


2012長崎ランタンフェスティバルは2月6日まで。
まだ行かれてない方は急いで~^^

さてお腹も空いてきたんで、晩御飯でも食べて長い帰途につくとしましょう。。

       長崎新地中華街 #02


  


Comments

name
comment
ラム : URL

#- 2012.02.02 Thu 16:10

「長崎ランタンフェスティパル」いつか行ってみたいです。
って書くと昨年と同じコメントになるので今回は違うコメントに
しますね~(笑)^^
今年は行く予定にしてたんですよ(これホント)
しかし急遽予定変更、広島行となりましたぁ。。。

写真凄くキレイに撮れてますね~お見事!!
今年の干支「龍」のランタンに立体感があふれてます。

yui : URL ラムさん

#- 2012.02.02 Thu 22:45

今年こそはラムさんに行って欲しかったんですけどね~。
じゃあ来年こそは絶対ですよ!^^

龍のランタンはその後前方へ出て正面からの写真も撮ったのですが、この斜め後ろから撮った写真の方が迫力ある雰囲気出てました。

ラム : URL

#- 2012.02.13 Mon 00:00

二枚目~じゃなくって・・・
四枚目の写真はもしかして「解夏」のロケ地でしょうか?
凄く素敵な写真ですね。(^^)v
長崎へ行った時、この場所分かりませんでした。
もう少しで到達できるところで「グラバー園」へと曲がったためですけど・・・残念でした。TT

yui : URL ラムさん

#- 2012.02.14 Tue 04:59

4枚目の写真って「解夏」のロケ地だったんですねー。
勉強不足でしたe-351
この場所は天主堂前をグラバー園へと曲がらずに大浦天主堂へ入場した所にあるのですよ。
次回長崎へ行かれた時はぜひ行ってみて下さいね!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。